むちうち症

練馬・桜台のみなさま、こんにちは!ふるさわ整骨院です!
 
交通事故に合われた方なら経験あると思いますが、むちうち症はなかなかツラい症状ですよね。
 
首が痛いのは当然なのですが、頭痛・吐き気・眩暈・ダルさ、そんな後遺症も起こりかねないのが、むち打ち症です。
 
こんな症状であれば要注意です。
 

  • 交通事故後から、首が痛い
  • 病院で治療してもらったのに、どうも調子が悪い
  • 交通事故後から頭痛・ダルさなどがなくならない
  • 吐き気やめまいも起きている

 
むちうち症はしっかり対処しておかないと、後遺症が残りやすいのが特徴です。
 
今回は「むちうち症」についてご説明しましょう!
 
 

むちうち症って何?

むちうち症というのは、交通事故などによって急激な衝撃身体にかかり、体が前後に大きく揺すられその結果上半身が前方に押し出され、細い首の上に乗った重い頭だけが後方へ残る状態になり、首の筋肉の損傷・頸椎のゆがみが起きてしまうのが、むちうち症です。
 
首の後ろには自律神経が集まっており、頚椎のゆがみをしっかり対処しておかないと、自律神経の乱れ、つまり頭痛・吐き気・眩暈・ダルさなどが残り続けてしまうのです。
 
病院ではリハビリ療法や薬の投薬がメインとなる施術となるので、根本的な施術が出来ない場合があります。
 
もし病院の治療でダメだった場合は、治療院に行ってみることをおススメします。
 
 

むちうち症に対する施術

それではむち打ち症になってしまった人に対して、ふるさわ整骨院ではどのような施術を行うかというと・・・
 
 
①炎症を抑える

首の筋肉の損傷(首の捻挫)なので、炎症が起きています。炎症を抑えるために、電気治療や低周波・冷治療などを行います。即効果が出るわけではないですが、これを行うことで炎症の鎮静化スピードを速めます。

 
 
②首周辺の筋肉のゆるめる

また筋肉をゆるめることも重要です。
 
交通事故の衝撃で首回りの筋肉が緊張して引っ張り合い、首に痛みが出ています。またその引っ張り合いにより、頚椎をゆがませている可能性があります。ゆがみを整えていく意味もあります。
 
そしてまた、筋肉の緊張が緩まると血流が良くなります。そうすると痛み物質が流れていくので、ラクになっていくのです。

 
むちうち症は根本的に対処しないと、本当に大変なことになります。
 
むちうちになって病院に行ったけど良くならないという方・・ ふるさわ整骨院にお任せください!
 


記事カテゴリー一覧
※タップすると☎がかかります