関節の痛み

こんにちは!練馬・桜台のふるさわ整骨院です。
 
みなさんは、こんなお悩みありませんか?
 

  • 階段を上がるときに膝が痛い
  • 立ち上がるときに膝が痛い
  • 歩いていても膝が痛い
  • 包丁使っていると肘が痛い
  • 文字を書いていると肘が痛い
  • パソコン使っていると肘が痛い etc

 
もしこのような悩みがあるのであれば、それは肘痛・膝痛、つまり関節痛です。
 
関節痛
膝の痛みと肘の痛み。部位は離れていますが、じつは痛みが起こる仕組みというのは、ほぼ一緒です。
 
関節痛は、年齢を重ねれば、どうしても出てきてしまう症状です。
 
しかし仕組みを理解し、対処法を知っていれば快適に過ごせるでしょう。
 
関節痛について知っておきましょう!
 

関節痛、痛みのその仕組み

それでは、関節痛はなぜ起こるのでしょうか?まずはその2つの理由を知っておきましょう。
 
①なんこつが減少してしまう

肘と膝には「なんこつ」がついています。膝・肘を使っていると、このなんこつがすり減っていきます。そしてすり減っていくと、痛みを生じるようになります。
 
なんこつは一度すり減ると、自然と再生することはありません。ですから年齢を重ねていくと、40代半から膝や肘に痛みを感じていくのです。

 
②筋肉の酷使・緊張

また関節を挟む筋肉を酷使したり、緊張・凝り固まっていると、関節にも負担がかかり痛みが出てきます。
 
膝だと、「ふくらはぎ」と「ふともも」。肘だと腕と二の腕の部分です。ここが凝り固まるとお互い緊張・引っ張り合い、間接に負担をかけるようになります。
 
スポーツをする学生などによく見受けられる症状です。

 
あなたの痛みの原因は、どちらでしょうか?
 

関節痛を対処するには

されそれでは、どのようにして関節の痛みに対処していけば良いでしょうか?
 
2つの原因がある関節痛なのですが、実は施術法は共通です。
 
施術のながれ
整体施術・マッサージ施術で、筋肉のコリを奥の奥から解消していくのです。
 
すでに申し上げたように、膝だと「ふくらはぎ」と「ふともも」。肘だと腕と二の腕の部分。ここの筋肉をしっかりと緩めていくことが重要なのです。
 
こうすることで、関節への負担を減少して痛みを解消させていきます。
 
②の痛みに関しては根本治療になるのですが。①に関しては対処療法です。なぜなら、なんこつは元には戻らないので、目の前の痛みを解消するしかないからです。
 
年齢を重ねてなんこつがすり減ったときには、定期的な施術をした方が良いでしょう。
 
 
いずれにせよ、関節に痛みがあるということは、非常にストレスを感じることです。
 
練馬・桜台の皆様、もし関節痛でお悩みであれば、ふるさわ整骨院おまかせください!


記事カテゴリー一覧
※タップすると☎がかかります