腱鞘炎

練馬・桜台のみなさま、こんにちは。ふるさわ整骨院です。
 
こんなお悩み、ありませんか?
 

  • パソコンで文章を書くと、手首付近が痛い
  • 文字を書いていると、手首・腕に負担を感じる
  • 包丁を使うと手首が痛くて、料理しにくい
  • 手首に違和感があり、手首を回してしまう

 
などなどです。
 
このようなお悩みがあるのであれば、あなたはまず間違いなく腱鞘炎でしょう。
 
腱鞘炎は、日常でなりやすいのが困ったところ。
 
働いている人であれば、パソコンのキーボードの使い過ぎ。
主婦であれば、包丁を使ったり、重い買い物かごを抱えたり。
 
手首付近に負担がかかるような日常生活、毎日続くからです。
 
しかし手首が痛いと、とにかく日常生活が送りにくいですよね。
 
まずは腱鞘炎の仕組みを知って、当院で対処してみませんか?
 

腱鞘炎の仕組み

腱鞘炎は、症状名に「炎」と入っているので、炎症の1種だと思われています。
 
もちろん炎症の場合もあるのですが、院長の施術経験からすると、手首に炎症が起こっている事例というのは、それほど多くありません。
 
むしろ、腕部分の筋肉疲労・筋肉拘縮が引き金の場合が圧倒的に多いです。
 
腕の筋肉というのは、手首と密接に繋がっています。
 
腕を酷使して、腕の筋肉が硬縮(ちぢむ)すると、手首も引っ張られてしまいます。
 
手首に余計な引っ張り・緊張が起こってしまうので、手首に痛みを感じるんです。
 
手首ではなく、腕が問題である場合が多いんですね。
 

ふるさわ整骨院の腱鞘炎施術

それではふるさわ整骨院では、どのような腱鞘炎施術を行うと思いますか?
 
炎症である場合は、患部を冷やしますが、炎症であれ筋肉の拘縮であれ、腕の筋肉を緩めていくことを行います。
 
この箇所の筋肉が緩めば、筋肉拘縮がなくなり、手首の負担がなくなります。
 
スタッフまた炎症の場合でも、腕の血行を良くして痛みの化学物質を流していけば、痛みは緩和していきます。
 
 
またそれと同時に、二の腕も緩めておくと良いでしょう。腕の筋肉の緊張で、二の腕まで緊張していることが多いです。
 
せっかく腕を緩めても、二の腕が緊張・硬縮していると、腱鞘炎が再発しやすくなります。
 
 
ふるさわ整骨院では、腕の奥の筋肉を、無理やりではなく浸透するように緩めていきます。根本施術です。
 
練馬・桜台で腱鞘炎でお困りの方は、ぜひ当院の整体マッサージを試していただければと思います!
 


記事カテゴリー一覧
※タップすると☎がかかります