梅雨の身体の不調

梅雨練馬・桜台の皆様、こんにちは!ふるさわ整骨院です。
 
身体に痛みを感じたり不調に感じたりすると、皆さまは整体やマッサージを受けると思います。
 
慢性の肩こりや腰痛、頭痛、神経痛や関節痛など、様々な症状が考えられるでしょう。
 
そういう個人的な症状ではなく、「この季節になると、この症状が増える」というものがあります。
 
知っていれば、ある程度前もって対処できるものばかりです。ぜひご参考ください。今回は「梅雨時期の身体の不調」です。
 
 

梅雨時期は、頭痛・自律神経失調症

梅雨の時期は気圧が変化します。低気圧になります。
 
気圧が低いと身体に様々な影響を与えます。
 
痛みを強くする物質が多く体内に発生します。ヒスタミンを呼ばれる物質です。
 
また自律神経が乱れて、日中に副交感神経(リラックスする神経)が機能し、眠かったりダルかったりします。
 
だから通常よりも頭痛が起きやすかったり、昼間に集中できない・ダルい・眠気が取れないなどが起きるのです。
 
それに加えて、肩こりや腰痛、関節痛などの痛みも強くなる傾向があります。ヒスタミンという物質が出ているからです。
梅雨は、不調が起きやすい時期なのです。
 
 

梅雨の身体の不調、整体でどう対処するか?

 
それでは、この梅雨の時期の不調を、整体施術ではどのように対処するのが良いでしょうか?
 
①頭痛などの痛み

まずは、頭・首・肩周辺の筋肉をゆるめることが重要です。このあたりの血行圧迫を解放することで、きちんと頭にちを巡らすことができるからです。
 
血行促進されると、痛み物質ヒスタミンを流すことができます。ヒスタミンを排出する整体施術を意識します。
 
またその他の部位の痛みの場合(例えば腰痛)、腰痛の原因である、ふともも・臀部・お腹などをいつもより丁寧に緩めつつ、ヒスタミンが流れやすいように、その周りの箇所も丁寧に緩めていきます。

 
②自律神経の乱れ

自律神経は背中に多く集まっていると言われています。
 
ですから背中を丁寧に丁寧に緩めていきます。人によってはカチカチに固まっていることもありますので、身体の奥に届くように整体を行います。
 
また頭に血行が行きにくくなっているのも、自律神経が乱れる要因の1つです。
 
首肩もしっかり緩めておきましょう。

 
以上が梅雨の時期の身体の不調、そしてその対処法です。
 
梅雨時期になると、せっかくの休日をなにもせずに寝て過ごす人が増えるそうです。
 
そうならないためにも、梅雨の前から、きちんと身体を整えておきましょうね!


記事カテゴリー一覧
※タップすると☎がかかります